シンガポールでは、政府機関であるシンガポール映画委員会(Singapore Film Commission:SFC)とメディア開発庁(Media Development Authority:MDA)が主に中心となって同国の映画業界および映画製作の促進を図っている。SFCは主に脚本作成および映画製作に対する資金援助を行い、製作に携わる国内の有望な人材・会社を支援している。またSFCは、国内外での配給を目指した3D長編映画作品の国内製作を支援するため「ステレオスコピック3D発展ファンド」を2009年に設立している。MDAは、TVやアニメをはじめとする各種メディアのコンテンツ製作の開発促進を行い、シンガポール国内での撮影に関する情報や問い合わせ先などを国内外の製作会社に提供するロケ&メディア・サービスデスクを運営している。

統計データ

  • 入場者数
  • 興行収入
  • 平均入場料金
  • スクリーン数