オーストラリアの映画製作支援システムは、スクリーン・オーストラリアを中心に運用されている。スクリーン・オーストラリアは、2008年7月1日に新たに設立されたオーストラリア政府機関であり、フィルム・ファイナンス・コーポレーション・オーストラリア(FFC)およびフィルム・オーストラリア・リミテッドの機能、およびオーストラリア映画委員会(AFC)の大部分の機能をまとめた。スクリーン・オーストラリアは、オーストラリア映画・テレビ製作へのさらなる民間投資を奨励する。そのために様々なオーストラリアのプログラムを開発し、産出し、促進し、配給し、それらのプログラムへのアクセスを提供する。撮影に関しては、各州にフィルム・コミッション機能を持つ機関があるが、全体の窓口になっているのは、AusFilmである。アメリカのロサンゼルスにも、オフィスがあり、海外の製作者がアクセスしやすい撮影誘致に力を入れている。

統計データ

  • 興行収入