レポート

J-Pitch@ロッテルダム2009

日程:2009年1月24日~29日
開催地:ロッテルダム国際映画祭 CineMart, Rotterdam Lab

世界でもっとも歴史の古い企画マーケット。ヨーロッパを中心とした多数の映画関係者とのミーティングがセッティングされる。また、それ以外に海外のゲストとのネットワーキングができる機会が多数ある。ロッテルダム国際映画祭に併設されている企画マーケットなだけあり、インディペンデント系企画が主。またマーケット期間中、ロッテルダム・ラボという新進気鋭のプロデューサーの為の五日間のワークショップも併催。これは一般公募をせず、パートナーシップを結んだ団体を通した企画のみが参加可能。ちなみに、J-Pitchからは、シネマート及びロッテルダム・ラボとのパートナーシップにより、ラボへの参加者派遣が認められている。

写真

写真

写真

<所見>

今年度CineMartに公式選出された企画「マイ・バック・ページ」の企画自体は、国内向けなので、国際共同製作要素は希薄に見えたが、監督、プロデューサーがヨーロッパで実績があるため、期間中数多くのミーティングがアレンジされた。また今回のRotterdam Labは前回に引き続き、オランダ・アムステルダムを拠点としているBinger Filmlabより講師を迎え、国際的アプローチに関して、より現実的な知識を得ることができた。

<CineMartプログラム>

  • ビジネス・ミーティング
  • ネットワーキングレセプションへの参加

<Rotterdam Labプログラム>

  • マッチング&デーティングへの参加
    -スピードマッチング・セッション
    ロッテルダム・ラボ参加者の自己紹介。マーケット参加者も自由に出入りできるため、プロデューサーだけでなく様々な映画関係者とのネットワーク作りを促す。
    -スピード・デーティング
    パネリストがセールス&配給会社とのものと、ヨーロッパの映画関係者とのものと計2回。ラボ参加者が6~8人座る丸テーブルを数人のパネリストが一人づつ巡回し、質疑応答を受けるという形式。
  • セミナーへの参加
    「The Art of Co-Producing」
    「シネマートについて」
    「オンライン・ツールを利用した企画開発やマーケティング」
    「Eurimages / ヨーロッパのファンド・システム」
  • ワークショップ「Rotterdam Lab Project Why DIY?~自社配給の可能性について」に参加
  • プレゼンテーション&ディスカッション(自社配給の可能性についての討論)
  • ウェルカム・カクテル・ロッテルダム・ラボへ参加(主催:Rotterdam Film Fund, Rotterdam Film Commission)
  • シネマート主催のランチョン、カクテルへの参加
  • インダストリー・パーティーへの参加(主催:MEDIA, Variety, City of Rotterdam, Holland Film & Rotterdam Film Commission)
<CineMart公式選出>
  • 監督:山下敦弘 「マイ・バック・ページ」
    プロデューサー:定井勇二 (ビターズエンド)「マイ・バック・ページ」
<Rotterdam Lab参加者>
  • 栗村実(ナインマイルズ株式会社)
    三國朋子(株式会社ジャンゴフィルム)