• Home
  • J-Pitchとは?

J-Pitchとは?

J-Pitchとは、経済産業省の映像コンテンツ国際共同製作基盤整備事業として、2006年4月より発足した国際共同製作支援プロジェクトです。

世界の映像産業は、コンテンツのグローバル化の動きの中で、国際共同製作を通して国際市場へのアクセスを実現し、競争力を高めています。今後、日本の映像産業を国際市場に通用する映像コンテンツとして強化するために、本事業では、日本映画を中心としたコンテンツ製作者へ向け、国際的な共同製作事業への参画を促進、海外の映像コンテンツ製作者とのマッチング、ネットワーキングの場を提供するとともに、国際市場に通用するコンテンツの企画開発支援を行っております。

これまでにJ-Pitch事業を通じて製作された作品はJ-Pitch協力作品よりご覧ください。

J-Pitch

主催:経済産業省財団法人 日本映像国際振興協会(UNIJAPAN)
運営:J-Pitch事務局(ユニジャパン内)


※ピッチ(pitch)とは?(コンテンツ・プロデュース機能の基盤強化に関する調査研究より)
「自分の立場から相手に何かを説得するためにプレゼンテーション(presentation)する」「コンテンツのアイディアもしくは出来上がったコンテンツそのものを誰かに売り込む」こと。売り込むためのピッチングやプレゼンテーション自体(情報提供と説得するためのピッチング両方)を指す。